競馬は生き物のようなものです。

競馬の予想方法は人それぞれですが、多くの人は近走成績や前走内容、血統、調教、厩舎コメントなどを見て最終的に自分自身で決断を下します。
この作業は楽しい一方で、頭がとても疲れることの繰り返しです。

そこで作業の手助けをしてくれるのが、競馬予想ソフトです。
パソコンを持っていることが前提ですが、データ解析の部分をコンピュータに任せてしまえばだいぶ楽になりますし、その分空いた時間を別の情報収集に使うことができます。

ソフトの値段はピンキリです。
無料のフリーソフトもあれば、一本10万円以上もする高価なものもあります。
無料のものでも基本的な機能を揃えており、人によってはそれで十分ということもあります。
値段が上がればいいというわけではありませんが、高いものはそれ相応のサポートがあり、操作性も無料のものよりは高いようです。

また安いものはある程度のところまでしか演算処理をしないので、最後には人間の判断が必要になります。
一方、高価なものはより多くの情報から最終的な馬券の指示まで行ってくれます。
どちらが良いかは人の好みによるでしょう。
一ついえるのは、コンピュータはプログラムによって予想を立てるので、そのパターンがうまく嵌まれば的中続きになるということです。
ただしパターンがずれてしまうと外れが続いてしまいます。
これをうまく利用すれば、収益をプラスにすることも夢ではないのです。

費用対効果で考えると、ちょっとくらいお金を出したほうがいいソフトにめぐり合える可能性は高いでしょう。
いきなり10万円というのは誰でも最初はちょっと引いてしまいます。
自分の財布と相談してみることが必要です。

競馬は生き物のようなものです。
不確定要素のことが多いので、実際にどんなことが起こるかは分かりません。
コンピュータには分析できない「動物の勘」というものを、予想する人間が持っているということもお忘れなく。

このページの先頭へ

イメージ画像